• 2017年8月23日(水)から

    映画配信サイト【青山シアター】にて配信決定!!

  • NEWS

    『或る夜の電車』

    水戸上映決定!!

    水戸VOICEにて4日間限定の上映が決まりました。

     

    ☆日時☆

    2016年6月6日(月)

    2016年6月9日(木)

     

    ・13:00

    ・15:00

    ・17:00

    ・19:00

    ・21:00

      (5回上映)

     

    ☆料金☆

    ¥2,000(1ドリンク付き)

    (19:00〜5:00)

     

    ☆会場☆

    水戸VOICE

    茨城県水戸市大工町1-6-1

    ベルスポットビル4F

    TEL: 029-239-5727

     

    2016.04.06

     

    『或る夜の電車』

    水戸上映イベント決定!!

     

    ☆6月6日(月)

    17時の回上映終了後

    トークイベント

    (金 允洙 × 鈴木 洋平)

     

     

    ☆6月6日(月)

    19時の回上映終了後

    LIVE

    久徳 亮

     

     

     

    ☆料金☆

    ¥2,000(1ドリンク付き)

    (19:00〜5:00)

     

    ☆会場☆

    水戸VOICE

    茨城県水戸市大工町1-6-1

    ベルスポットビル4F

    TEL: 029-239-5727

     

    2016.05.28

    第二弾

    トークイベント決定!!

    12月18日(金)

    21時の回上映終了後

    ゲスト:濱田晋(写真家)

     

     スズキマサヨシ

    (イラストレーター/ペインター)

     

    久徳亮(音楽家)

     

     

    ☆チケットの予約はTICKETSから☆

     お名前、枚数、上映日を明記してお送りください。

     

    2015.11.26

    第一弾

    トークイベント決定!!

    12月17日(木)

    21時の回上映終了後

    ゲスト:三宅唱(映画監督)

     

    ☆チケットの予約はTICKETSから☆

     お名前、枚数、上映日を明記してお送りください。

     

    2015.11.20

    『或る夜の電車』

    東京上映会決定!!

    渋谷ユーロライブにて2日間限定の上映会が決まりました。

     

     

    ☆日時☆

    2015年12月17日(木)

    12月18日(金)

     

     ①18:00 受付開始

    18:30 開場

    19:00 開映

     

     ②20:30 開場  

    21:00 開映

       

     トークイベントも予定しております。

     

    ☆料金☆

    ¥1,000均一

    (予約した場合は¥800+特典付き!!)

     

    ☆チケットの予約はTICKETSから☆

     お名前、枚数、上映日を明記してお送りください。

     

     

     ☆会場☆  

    渋谷ユーロライブ 

      渋谷区円山町1-5  

      KINOHAUS 2F  

    ACCESS

        TEL:03-3461-0211   

       

    2015.11.01

  • INTRODUCTION

    STORY

    2013年、大晦日、渋谷。

    終わることなく電車が走る夜。

    最後の仕事を終えたホテヘル嬢とその運転手は、あてどもなく渋谷の街を歩く。

    駆け出しの芸人は可哀想な恋人を置いて、先輩の呑み会に行ってしまう。

    風俗帰りの青年は、仕事終わりのおじさんと偶然出会う。

    狂騒の街を舞台に描く、寄る辺ない6人の小さな群像劇。

    ABOUT

    2013年の年の瀬から、大晦日にかけて本作は撮影されました。

    この年の大晦日は、初めて警察官による交通規制が実施され、例年に無い混沌が渋谷の街を包みました。

    その中で街が新しい年を迎える瞬間をカメラはとらえています。

    ドキュメンタリーとフィクション、2013年と2014年、日常と非日常、

    あらゆる境界線を超えて、映画は完成しました。

    本作で監督の金允洙は『第55回日本映画監督協会新人賞』にノミネートされました。

    宮本 行 加藤 理恵

    巻島 みのり 武井 哲郎 原田 浩二 榎並 伸哉

    齋藤 隆文 木村 知貴 青松 健輔 今村 左悶

    ゆかわ たかし 柿木 理紗 COLLIU 谷上 香子

     

    監督/脚本:金 允洙

     助監督:榎並 伸哉   鈴木 麻衣子

     撮影 :山本 大輔

    Bユニット撮影:長瀬 拓 Cユニット撮影:清水 絵里加 

    録音:堀 修生 整音:西垣 太郎  編集:金 允洙 

    音楽:久徳 亮 

    制作助手:谷上 香子

     題字/宣伝美術:山本 アマネ  翻訳:高野 ちひろ 

    制作:UR5ULA FILM POSSE

     

    日本|2014|1.85:1|57min

  • CAST

     

    宮本 行 Gyo Miyamoto

     ユラ Yura

    1979年2月11日長崎県諫早市生まれ。
    近年の出演作品に『野火』(塚本晋也監督)、『走れ、絶望に追いつかれない速さで』(中川龍太郎監督)、『バイバイ、マラーノ』(金允洙監督)などがある。

    加藤 理恵  Rie Kato

    ツバキ Tsubaki

    小学生から子役として活動をはじめる。

    2005年「ミスマガジン」受賞。

    以降、タレント・サッカーキャスターとしての活動をはじめる。
    現在は俳優として、映画や舞台を中心に活動中。
    主な出演作は2007年映画「歌謡曲だよ人生は〜これが青春だ〜」、2008年ドラマ「夢をかなえるゾウ」、2013年舞台キリンバズウカ「マチワビ」など。

    巻島 みのり Minori Makishima

    シオリ Shiori

    1991年群馬県出身。

    ブレス・チャベス事業部所属。

    畳の上でハートフルに大乱闘する事と誰かの休暇になることが最近の夢。

    主な出演作は

    2015年 0LIMIT第4回公演『嬲』
    2015年『サヨナラノオト』(緒方一智監督)

    2014年『26時の夢見る4人』(萩生かな・吉山桃子監督)

    2014年  日本郵政グループWEB「メッセージ」ナレーション

        など。

    武井 哲郎 Tetsuro Takei

    カズキ Kazuki

    1984年5月30日生まれ。神奈川県出身。
    東北大学法学部を卒業後、会社員を経て俳優業を志す。
    主な出演作に『A.M.』(Arnoud Noordegraaf監督)、『ダムライフ』(北川仁監督)、『バイバイ、マラーノ』(金允洙監督)、『彼の中の愛してる』(赤松桜監督)

    原田 浩二 Koji Harada

    ウエダ Ueda

    1967年 静岡県生まれ。
    1991年 多摩美術大学卒業。
    2010年 映画美学校で映画製作を学びそれをきっかけに自主映画に出演する。
    「恐竜いらない」(第5回TOHOシネマズ学生映画祭ショートフィルム部門グランプリ受賞)監督:本田雅英
    「透明人間」監督:金允洙
    「息を殺して」監督:五十嵐耕平
    「海辺の暮らし」監督:加藤正顕
    「ハチとミツ −新しい季節−」監督:竹林宏之
    「ご愁傷様」監督:今橋貴

    榎並 伸哉 Shinya Enami

    ミヨシ Miyoshi

    1990年 奈良県生まれ
    明治学院大学卒
    出演作
    「ハチとミツ −新しい季節−」監督:竹林宏之
    「ご愁傷様」監督:今橋貴

    その他多数の自主映画のお手伝い

  • STAFF

    金 允洙  

    監督/脚本/編集

    Yunsu KIM

     

    1986年2月20日東京生まれ。

    明治学院大学卒業

    東京藝術大学大学院映像研究科映画専攻 監督領域修了。

    映画『ベスタの浴室』(2011年)、『透明人間』(2012年)、『バイバイ、マラーノ』(2013年)

    その他にも般若、ZORN、HAIIRO DE ROSSI、RHYMEBOYA、DINARY DELTA FORCEなどのジャパニーズヒップホップのMVを多数手掛ける。

    第55回日本映画監督協会新人賞ノミネート。

    UR5ULA FILM POSSE代表。

     

     

     

     

    山本 大輔   撮影

    Daisuke Yamamoto

     

    東京藝術大学映像研究科映画専攻撮影照明領域修了 CM・VPに撮影助手として参加する一方、ドキュメンタリー番組や自主映画の撮影を行う。

    『Departure』(2012年)

    『藤原紀香が辿る~赤十字とソルフェリーノの戦い』(12年・NGC)

    『宇宙のことだま』(14年・NGC)『TRAINIG DAYS』(15年・FOX)『ベスタの浴室』(11年・金允洙監督)
    『熊野から』(14年・田中千世子監督)

    『STARTING OVER』(14年・西原孝至監督)。

    堀 修生   録音

    Osao Hori

     

    1985年生まれ。東京芸術大学大学院映像研究科映画専攻録音領域、修了。
    ポストプロダクション勤務を経て、現在フリーター。
    主な映画参加作品として
    「透明人間」録音・整音(金允洙 監督 JPPSアワード学生音響部門 金賞)
    「2つ目の窓」録音助手(河瀬直美 監督 カンヌ国際映画祭正式出品)
    等。

    西垣 太郎   整音

    Taro Nishigaki

     

    1982年生まれ。

    2011年東京芸術大学大学院映像研究科映画専攻録音領域に進学。修了後、フリーランスとして映画やCMの録音・整音に携わる。

    『友達』(録音・整音担当)『ニシノユキヒコの恋と冒険』(サラウンドデザイン担当)等。

    久徳 亮   音楽

    Ryo Kyutoku

     
    1983年12月5日生まれ。
    バンド「CLISMS」ドラム担当。
    バンド「ヒポボラスグランデス」ギター担当。

     

    映画音楽
    「鼓動333」「願い旋律疾走」「ママ」

    (石川多摩川監督)

     

    「ベスタの浴室」「バイバイ、マラーノ」

    (金允洙監督)


    UR5ULA FILM POSSE所属。

    https://soundcloud.com/ryo-kyutoku

    山本 アマネ  

    宣伝美術

    Amane Yamamoto     

     

    イラストレーター、デザイナー

    映画や演劇関連のアートワークを中心に活動。

    web : http://amaneyamamoto.com/

    榎並 伸哉  助監督

    Shinya Enami

    鈴木 麻衣子 助監督

    Maiko Suzuki

    谷上 香子 制作助手

    Kyoko Tanigami

  • TRAILLER

    『或る夜の電車』予告①

  • COMMENT

    敬称略

    ユンスはなんかセンスが良いんだよなー。
    何のセンス?って言われてもうまく言えないんだけど。

    とにかく次も期待してるしタイミング合えば次はヨロシク

    渋川 清彦(俳優)

    この映画を観て
    僕も街の雑音に弾かれた1人だと
    思わずにはいられなかった。
    でも何故だか
    そんな街を心底嫌いになれなかった。
    繊細な距離を保ったまま
    あの夜の片隅を描けるのは
    紛れもなく金監督の強さだ

    太賀(俳優)

    キムさんはいつも渋谷にいる。ここ2年くらい渋谷以外でキムさんと会っていない。キムさんはいつも渋谷に潜伏していて、密かに作戦を立てていたんだと思う。そして出演者という完璧な共犯者たちを召集して、年の暮れについに犯行に及んだ。渋谷のど真ん中でシュートしまくった。でもそうやって起こされたのは、とっても心優しい事件だった。後に残るのはほんわかした気持ち。「そんな事件もあるんだ」って思った。渋谷という街が私はそんなに好きじゃないけど、キムさんの目を通して見た渋谷はどうも愛おしく感じる。月並みな言い方ですが、世の中捨てたもんじゃないなって思えました。

    鶴岡 慧子(映画監督)

    世界は広いなあとか世間は狭いなあということにハッとする瞬間がたまにあるけれど、『或る夜の電車』を観ていると、1カットごとにその矛盾しているような 両方の気持ちを行き来して、ざわざわした。たぶんほんとに世界は狭くて広いんだろうと思った。あと、出ているひとが男女みな揃ってセクシーというか伸び伸 びしていて、ムラムラした。渋谷の街も悪くないなと思った。

    三宅 唱(映画監督)

    歪んだ都会のノイズに埋もれた試聴不可能な旋律。そいつらを鮮明にし、鳴らし、聴かせてくれる映画でした。

    或る夜、たしかに美は乱調にあり、無垢な魂ゆえの迷走に終電なんてものは無く、線路は続くよ何処までも…と思えたのです。

    監督、あの夜、僕も渋谷にいたような気がしています。

    竹久 圏

    (KIRIHITO,younGSounds,GROUP)

    独り夜の街を歩きたくなりました。

    或いは、誰か知らない人と。

    ZORN(昭和レコード)

     目に見えない連帯感を強く感じました。

    人が抱えている闇と孤独と愛が大晦日の渋谷の夜に混在してます。

    金監督 ありがとうございます。

    般若(昭和レコード)

    東京に居る僕には、この感じのレイヤーは良く知っていて、求める事もあるし、気が付かない時もあるんだけど。

    人って綺麗だと思いたくなる。観た後に感じました。

    落合 宏理(FACETASM )

  • BLOG

    2016年6月3日
    2016年4月6日
    2015年12月15日
    More Posts
All Posts
×